アーカイブ : 2004年 9月

Reico的アメリカ西海岸の旅 怒涛の一日目、終了

ハリウッドの〆はやっぱりハリウッドサイン。ローリーさんがよく見える通りに連れてってくれたので相方に命懸けで撮ってもらいました(笑)

ロス観光を満喫した一同はお世話になるローリーさん宅があるロス近郊の都市、アーヴァインへと向かいました。
向かっている途中で面白かったのがハイウェイと呼ばれる無料の高速道路。
他の車が大渋滞の中、なぜかローリーさんの車が走る車線だけスイスイ進むのです。
不思議に思って聞いてみるとアメリカでは2人以上乗ってる車だけ通っていい車線があるんだそうです。
みんな通勤、通学の人ばかりなのでほとんど一人一台なんですね。
車社会のアメリカらしい話だなぁと思いました。なんてったって片道5車線とかだもんなぁ(^^;)

アーヴァインは都市計画に基づいて造られた比較的新しい都市で、整然とした美しさのある街でした。日本企業もたくさん進出していたりします。
区画ごとに素敵な家が建ち並ぶ住宅区があって、ショップやレストランはあちらこちらにあるモールと呼ばれる一画に集められています。
そのため道路沿いにお店などはまったくといっていいほどありません。
こういう街並みはある意味日本ではお目にかかれないのでなかなか興味深かったです。

アーヴァインに到着したらそのまま晩ご飯へ。ここでReicoは衝撃の美味に出会うのですがそれは後ほど~♪

お腹もいっぱいになった一同はそのままオニ嫁ちゃん御用達のスーパーAlbertsonsへ買出し。
アメリカのスーパーはおもちゃ箱みたいで大好き!
右の写真はビール売り場です。ビールだけでこれだけあるんですよ~。色もポップで楽しいですよね。

下の写真はケーキ売り場です。
ハワイのスーパーに行ったときも思ったけどいったい何で作ったらこんな色になるんでしょーか(^^;)
ビールやらヨーグルトやらを買い込んで家路につきました。

お世話になったローリーさん宅はやっぱり広い!
テラコッタの床に白を基調としたインテリア、天井には大きなファンがゆっくり回ってるし、暖炉まであるぞ~。
ところどころにディスプレイされた小物がまた可愛いっ。オニ嫁ちゃんはセンスがいいなー。
お見せできないのが残念なくらい素敵なおうちでした。
そんなオニ嫁ちゃんのオススメのショップはIKEA 。もうすぐ日本にも上陸するんで楽しみです。

ローリーさん宅に落ち着いたところで一日目終了で~す。

Reico的アメリカ西海岸の旅 ミーハー魂炸裂ッinハリウッド(笑)

サンタモニカをあとにしてハリウッド方面へ。

途中UCLAを車窓から見物しました。アメリカは大学もデカいんですね・・・いったいどこからどこまで大学なんでしょーか(^^;)
それからビバリーヒルズも車から豪邸拝見。どのおうちも個性的で眺めてるだけでもReico的にはかなり楽しめました。
警察署の前を通ったときなんて「おぉっビバリーヒルズコップだーっ」などとおのぼりさん全開バリバリ状態(笑)

車窓を楽しんだらハリウッド&ハイランドに到着♪

ここは映画のテーマパークのようなショッピングモールのようなところでしょうか。
敷地内にはアカデミー賞授賞式が行われるコダックシアターなんかがあります。平日にもかかわらずなかなかの盛況でした。

ショップ街を抜けた先にある大きな広場にはなぜだか巨大な象の像が2体。あまりに大きすぎて写真に全景が納まらないぢゃないかっ。
ホテルへ続くこれまた巨大なエジプト風味のアーチの向こうにはおなじみのハリウッドサインが遠くに見えるというなかなか心ニクイ演出が。

ここでReicoははじめてのお遣いにチャレンジ!

いえね、ただスタバでカフェラテを買うだけのことなんですけど(笑)
それでもドキドキしながらできない英語でなんとか注文に成功。やったー父ちゃんやったよー(≧∇≦)
しかーしこのあと思いがけない落とし穴がReicoを襲いました。カウンターで待っているとReicoのアイスラテが出来上がったのですが。
・・・カウンターが高すぎて手が届かないんですぅ(T-T)チビだから、おいらがチビだからいけないの?

ウケてるO田くんに取ってもらいなんとかことなきをえました。いやーデンジャラスな国だぜ、アメリカってば(^^;)

しばしコーヒータイムを取り、お隣のグローマンズ・チャイニーズシアターへ。
向かうHollywood Blvd.の舗道にはウォーク・オブ・フェイムと呼ばれるハリウッドに貢献した人たちの名前が刻まれた星型の敷石がずらーっと並んでいて雰囲気満点。
そしてチャイニーズシアター前の広場に到着するとReicoのミーハー魂は頂点へ!うひゃーハリウッドスターの手形、足形がいっぱいある~♪
自分が思ってたよりかなりの盛り上がりを見せてしまいました。
ローリーさんが日本語版の手形足形MAPを買ってくれたのであちらこちらで写真撮りまくり~。

相方はメル・ギブソンやトム・クルーズ、シュワちゃんに大喜び。もー夫婦揃ってミーハーなんだから♪
ちなみにこちらはドナルドダックの足形です!他にもスターウォーズのロボット達の足形があったりしてアメリカ人のユーモアセンスに脱帽でございます。

そそ、広場にはキャラクターに扮した人たちがちらほらと記念撮影の営業をしてました。その中にシュレック2の怪物バージョンのフィオナ姫がいたのですが、コスプレしてるおネエちゃんがそっくりというのもけっこう切ないような。
体型的にはReicoでもいけるかな( ̄ー ̄)

それにしてもチャイニーズシアター。
映画館がなぜゆえこんなに中華風味になってしまったのかは最後まで謎でした(^^;)

ハリウッド&ハイランド・・・6801 Hollywood Blvd., Hollywood, CA
グローマンズ・チャイニーズシアター・・・6925 Hollywood Blvd., Hollywood, CA

Reico的アメリカ西海岸の旅 始まりはサンタモニカの青い空から

出発の朝。
相方は前日の深酒がたたり見事なまでの二日酔い。
Reicoはというとその日は仕事を休んだにもかかわらずやっぱりギリギリまで準備でドタバタでした\(◎o◎)/
ほんとに学習能力のない二人でございます・・・

成田空港にはマイカーで。空港で今回ご一緒した相方のお友達O田くん&Kちゃんご夫妻と合流していざ出陣。
エアはANAの正規割引航空券GETを利用しました。今回初めてネットで予約をしたのですが座席表を見ながら座席指定できるのは便利ですね~。

久々の飛行機にコーフン気味のReicoは長時間のフライトも飽きることなく過ごすことができました。
そしてロサンゼルス国際空港に到着!やってきましたUSA!!
うぉー外人さんがいっぱいだ~。(あたりまえ)
大混雑を予想していた入国審査もすんなりでひと安心。
空港にはアメリカ在住の相方のお友達、ローリーさん&オニ嫁ちゃんご夫妻がお迎えにきてくれました。

久々の再会を喜びつつ、さっそくローリーさんの車に乗り込みロサンゼルス観光に出発♪

まずはやっぱり海っということでサンタモニカへ。
空はあいにくの曇り空。
それでも広がる海とピアの観覧車が目に入るとあぁ西海岸に来たんだなぁと思わずニンマリ。
車を降りてまずはサンタモニカピアの遊園地をぶらり。ノスタルジックな雰囲気がいい味出してます。
ところでこの観覧車、観覧車とは思えない速さで回るんですよ。しかも上半分は吹きっさらしだし。
ある意味、絶叫マシンかも(^^;)

そのままお散歩しながらショッピングモールのサンタモニカプレイスを抜けてサード・ストリート・プロムナードへ。
ここは思わず入ってみたくなるショップやレストランが並ぶ人気の歩行者天国です。
この頃にはすっかりお天気も回復して見事な快晴になりました!
そんな青い空に手入れされた緑や噴水が映えて、そぞろ歩きしているだけでもかなり楽しめる場所でした。
小腹も空いてきたので通り沿いの一軒YANKEE DOODLESで軽くランチタイム。

スポーツ中継が流れるモニターやビリヤード台が並ぶ様がいかにもアメリカーンな店内でチキンクラブハウスサンドをいただきました。軽くのつもりがやはりサンドイッチもデカいっ!二人で1個にしといてよかった・・・(^^;)

すっかりお腹も膨れて再び海沿いを散策しながらサンタモニカピアに戻りました。
やっぱり青空の下で眺める海は気持ちよさが違うなー。
これぞ桜田淳子がきてーきてー♪と唄っていたサンタモニカだわ~と至極ご満悦のReicoでありました。
えーっと歳は聞かないでくださいね(笑)

YANKEE DOODLES・・・1410 Third St. Promenade, Santa Monica

そろそろ・・・芸術の秋ですね

お友達のノリヲ。くんに教えてもらったむっちゃ素敵サイトです。

ここをポチっとな

ジョジョ立ちin渋谷には感動すら覚えます(T-T)
ジャンプ黄金期世代のみなさま、今年の秋は自らの肉体で究極のポジティブ・アートしてみませんか?
Reicoは遠慮しときますが(^^;)

写真はすっかり染まったマイブラザーもじゅくん。

やっぱり増えちゃった

アメリカ西海岸の旅から帰ってきました~♪
戻ってからも思ったほど腑抜けにならず(^^;)逆に今日から仕事がんばるぞーっと思えるあたり、とても充実した元気チャージの旅になったようです。

それにしても今回はまさに食べて、食べて、食べまくりぃのくいだおれ旅行でございました(笑)
覚悟はしてましたが相方ともども体重増(T-T)
アメリカって美味しい国だったんですね。目からウロコでした!
旅の思い出も少しづつアップしていきたいと思いまーす。