金山農民画村

少し前の話ですが、やっぽ嬢と農民画で有名な金山というところにぷらーっと行ってきました♪

金山 中国農民画村

この日は暑かったなぁ・・・(^^;)

農民画とはなんぞや?という方はこちらを参考にしてください~。
初めて金山農民画を取り上げた記事を見たときから、そのポップな色彩と大胆な構図とほのぼのとしたタッチが見事に同居してるところが面白くて一度本物を見てみたいなーとひそかに機会を狙っておりました。
同じく興味を持っていたやっぽ嬢と、とあるサイトを見つけたのがきっかけでそりではちょっくら行ってみますか~という話になったわけです。
金山まではもちろん自力で(笑)目的地に辿り着くまでのプロセスもわてらにとってはお楽しみのひとつなんです(^^)
当日朝10時半、待ち合わせはおいらとやっぽ嬢の間ではお約束になってる徐家汇の可口可乐前。

可口可乐

ここから地下鉄1号線に乗って出発でーす。交通手段はやっぽ嬢が事前にリサーチしてくれました。谢谢やっぽちゃん!
錦江楽園駅で地下鉄を降りて上海西南バスターミナルへ向かいます。現地で食べるところがあるか疑問だったんで途中で小吃と飲み物を確保。
バスターミナルで高速バスの切符を買って列に並びます。手元に残ってたぺらっぺらの乗車券を見ると11元って書いてあります(笑)

ばりばりローカルなターミナルです(^^;)乗り込むバスは楓梅線という路線。
一応バスは観光バスちっくでした。乗車率はほぼ100%。ってか補助席にも座ってたから100%超えてるか。
座席に落ち着いたところでさっき買った小吃をパクっと。

めっさピントずれてるやん(-“-;)
これ、なんていうのかな?けっこー街角で売られてるのは見かけるのですが初めて食べてみました。
ちょいと油っぽいけどなかなかイケました!
お腹いっぱいになったら眠くなり・・・(_ _)。。o ○起きた時にはすでに金山。我ながらなかなか根性すわってきたなぁと思います(笑)
そういえばずっとバスの中、TVっぽい音が聞こえてくるなぁと思ったらイチバン後ろの席の人がふつーにフルボリュームで携帯(?)でドラマ見てました( ̄▽ ̄;)
こんなことにも違和感を感じなくなってる自分が怖いです(汗)
ここからタクシーで中国農民画村に向かいました。今回タクシー使ったのここだけ(* ̄m ̄)
農民画村とは農民画を描く画家さん達のアトリエが集まった村です。一応観光地なんで入場料が必要です。手元のチケットを見ると30元と書いてあります。

金山 中国農民画村

さっそく敷地内へ~。人が全然いな~いヽ(´ー`)ノ
なんとものんびりした空気が流れております・・・いいなぁここ。入ってすぐのところに金山農民画展示センターを発見。

金山 中国農民画村

中に入るとお姉ちゃんが電気つけてくれました(笑)
ここには作者の写真のパネルと一緒に作品が飾られてるのでたぶん有名な作家さんたちなんだと思います。素敵な作品もたくさんあってやっぱりここまで来てよかったなーと思いました。
ひと通り見学して外へ出ました。さて、次はどこへ行けばいいのやら?(^^;)

金山 中国農民画村

とりあえず歩いてみると農民画がたくさんある家を発見。どうやら販売所のようですが・・・お父さんが絵を描きながら店番をしてました。
中を覗くと絵だけではなく、タイルを使ったテーブルセットやキーホルダーなど農民画グッズまでありました。でもやっぱり絵に目が行っちゃいますねー。
ここには農民画村の作家さん達の絵が可愛いサイズのものから立派なものまでいろいろあって見てるだけでも楽しい~(*´∇`*)
全く絵画とかど素人のおいら。こういう絵ってものすごく高いんじゃないかしらーと勝手に思ってましたがお父さんにお値段を聞いてみるとびっくりするほどリーズナブル。
俄然やる気が出てきました(笑)
ここでとても気に入った農民画を購入したところ、その絵の作家さんが店番してるお父さん(この方も作家さんです)の奥さんの絵であることが判明。
お父さんの案内で奥さんのアトリエを見学させてもらうことになりました。

金山 中国農民画村

畑に囲まれたアトリエ。やっぱりこの環境がほのぼのとしたタッチを生むのでしょうか。

金山 中国農民画村

奥さんの朱素珍さんは賞も取ったことがある有名な作家さんだそうで、彼女の絵は日本人太太にも人気があるんですって。
突然の闖入者にも笑顔で気さくに接してくれた朱さんと優しく見守ってるお父さん、素敵なご夫婦だったな~(*´∇`*)お邪魔したわてらもほのぼの~。
朱さんのアトリエで和んだ後は、他の作家さんのアトリエにも何軒がお邪魔しました。

金山 中国農民画村

農民画とひと口に言っても作家さんによってそれぞれ個性があることを何軒かお邪魔してようやくわかってきました。
当たり前のことだけど頭の中ではすっかりひとくくりになっちゃってたんだよね(^^;)
そしてそこが楽しいの!自分の中の1枚に巡り合うまで何軒もアトリエ巡りしたくなっちゃいます。
途中、夕立のようなザッツ☆中国人団体ツアー客と遭遇しましたがあれもアトラクションのひとつと思えば没问题!でもできれば一度きりでお願いしたい(汗)
そんな感じで楽しく絵を眺めてましたが残念ながらそろそろ時間切れ。主婦は夕方までにおうちに帰らないと(;´д`)
でもまだ全体の1/3も見てないと思われ~。後ろ髪を引かれながら金山を後にしました。
しっかりお宝を抱えながらバスと電車を乗り継ぎ上海に到着。帰宅ラッシュの喧騒の中に身を置くとなんだかさっきまでののんびりしてた時間が嘘のよう。
また季節を変えて遊びに行きたいなー。そして日本に戻る前にこの1枚という絵に出会えたらいいなぁと買ってきた画集を眺めながら金山の風景に思いを馳せるReicoなのでした。


    • yappo
    • 2009年 9月 24日

    癒されにまた行きましょうね~ん♪

    • Reico
    • 2009年 9月 24日

    →yappoちゃん
    行きましょ、行きましょ~(*´∇`*)
    秋とかもまたよさげよね~♪

  1. トラックバックはまだありません。