Skip to content →

海南鶏飯食堂

ヒルズに映画を見に行った帰り、前から行きたくて行きたくてしかたなかった海南鶏飯(チキンライス)のお店海南鶏飯食堂にようやく行くことができました♪

けやき坂をくだって大通りから少し入ったところにあるお店はテラス席もあるおしゃれなカフェみたい。
9時をまわってるというのに満席の店内から活気が外まで伝わってきます。
そんなわけでいつ空くかわからない状態でしたがせっかくなので並ぶことにしました。

外で待ってるのも気持ちのいい季節になってきたねぇと話していると、DonDokoDonのグッさん似のスタッフが先にドリンクでも・・・と言ってくれたのでさっそくタイガービールとジャワティーを注文。なんかいい気分だぞ。

20分ほど待って席につくことができました。速攻で海南鶏飯(チキンライス)(900円・すべて税込)、イカ・生姜・ニラのナンプラー炒め(900円)をオーダーです。
まず運ばれてきたのはイカ・生姜・ニラのナンプラー炒め。お皿から立ちのぼるナンプラーがいい匂い~。さっそくイカを一口パクっと食べる。うーんんまいっ!(≧∇≦)
連れのNヲ。くん曰く「イカの火の入れ具合が絶妙。」ナイスコメントだぜ。
口に運ぶとほのかに香るのはカフィアライムの香りなのかな。ニラもしゃきしゃきっ♪前菜にはぴったりの一品でした。
そして待ち焦がれた海南鶏飯(チキンライス)登場~!!

お箸で切れるぐらい柔らかく茹でた鶏肉、鶏スープで炊いたご飯、そしてチキンスープ。うーん完璧(笑)
さっそくお好みでチリソース、濃口醤油、生姜ダレを鶏肉にのせてご飯と一緒に頬張ると・・・ぅうんまーーいっっ(* ̄▽ ̄*)

あぁこれぞシンガポールで食べたチキンライスでございます。この味を日本で食べれるとは・・・感涙(←大げさ)

ひととき感動の嵐に包まれたあと、スープをひと口。うっうまいんです!!
おまけ的扱いが多い東京のチキンライスのスープの中では最高の出来だと思います。
美味しいスープははずせない要素だと思ってるReicoは嬉しくなっちゃいました。
昔は苦手だったパクチーもチキンライスには必須!一緒に頬張るとなおいっそう味にふくらみがでるんです。ほんと不思議な食べ物ですねぇ。
夢中で食べちゃったのであっという間に完食してしまいました。あーんもっとゆっくり味わえばよかったよぉ。

しばし余韻に浸ったあとはお楽しみのデザートです♪
王道!冷たいマンゴープリン (350円)と冷たいライチのスープとタピオカ (350円)は共に食後にぴったりの量でお味もグーでした。特に冷たいライチのスープとタピオカ はさっぱりしててReico好みの味~。

スタッフの接客もきちんとしてるし、むちゃくちゃ気に入りました!
他にも食べて見たいメニューがずらーっと揃ってるのでぜったいまた行きますよっ(≧∇≦)

海南鶏飯食堂
住所:東京都港区六本木6-11-16 中銀マンシオン裏手

Published in 麻布・赤坂・六本木

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA