Skip to content →

ANA インターコンチネンタルホテル東京(旧 東京全日空ホテル) その②

案内されたお部屋は”スタンダードダブル”(28㎡)。ちょっと狭いかなぁと覚悟してましたが、意外とそれほど狭さを感じさせませんでした。
そいえばストリングスホテルでも同じような印象を持ったっけ。ANAグループのホテルは客室レイアウトが上手いのかも。

この客室でまず目を引いたのはやはり窓から見える景色。
ベルの方がカーテンをさーっと開けるとまるで一幅の絵のように窓枠の中心に東京タワーが!ワンダホー(≧∇≦)
写真だと遠く見えてしまうんですが実際はもっとかなり近く感じるんですよぅ。
かなりお得なプランだったのでダメモトでリクエストを出しておいたのですがまさかこんなに綺麗に見えるとは・・・めっちゃ嬉しかったです。

客室の備品でおおっ☆と思ったのがこちらのアロマオイルが使える加湿器。
このフロアには全ての客室に置かれているようです。ちゃんと説明書と一緒にアロマオイルも用意されているのが心憎い演出ですね。
さっそく数滴垂らしてスイッチオン。なんとなーくかすかーに良い香りがするような(笑)もちろん残ったオイルはお持ち帰りOKです。
デスクも広めでここで仕事をしてた相方にも好評でした。

夜、夕食から戻るとターンダウンがされておりベッドの上にはバスローブとナイトシャツが置かれていました。個人的に浴衣が苦手なのでこういう寝間着が用意されてるのは有り難いです。
デュペスタイルのベッドは200×200のゆとりあるサイズで寝心地も良く朝までぐっすり。
バックボードが柔らかい素材なのでこちらに寄りかかりながら本を読んだりテレビを見たり・・・ベッドでまったりする時間が大好きな夫婦でございます(^^;)

窓際には足を伸ばして寛げるソファが。傍らのテーブルに小さなグリーンがあるのも心和みますね。
おいらは大きなソファが大好物なのですがこちらのソファはちょっと固くて質感もあまり好きなタイプでなかったのはちと残念。
でもしっかりライトアップされた東京タワーを見ながらゴーロゴロしてたんですけどね(笑)

Published in 東京全日空ホテル

2 Comments

  1. Reicoしゃん、こんばんはー♪

    東京全日空ホテルの滞在記シリーズ、楽しく読ませていただきます。
    エグゼフロアでの滞在楽しまれたようで、何よりですね。(^^

    > 写真だと遠く見えてしまうんですが実際はもっとかなり近く感じるんですよぅ。

    もしかして、とっくにご存知かもしれません……が、

    1.窓からなるべく離れる (客室の入口の方に下がる)
    2.窓に向かってズームをする (ただし、窓枠は写真の中に収まるようにする。)

    と、実際に客室の中から窓越しに見た時に近い印象の大きさで、外の風景を撮影する事ができますよ。(^^)
    例: http://sheepcote.jp/rum/hotel/image/tana/tana-100.jpg

    ではでは~(^^

  2. Reico

    →らむしゃん
    らむしゃん、こんばんにゃー☆
    滞在記シリーズ、楽しんでいただけたようで嬉しゅうございます(´▽`)
    本当にここのエグゼフロアは居心地良かったですよ~。また行きたい!
    もしANAが売却しちゃって新しいホテルになったとしてもここの居心地の良さは残しておいて欲しいなぁ・・・
    ただ今まとめと写真集を作ってるとこなんでセンチュリーハイアットはもうちょっと待っててね。

    そしてなんて素敵なカメラテク、伝授ありがとーございますっ(≧∇≦)
    なんてったってカメラ素人のおいらですからぜんぜん知りませんでしたよぅ(笑)
    ぜひ次回の宿泊ではこの技試してみたいと思います~♪
    またおいらでもできそうなテクがあったら教えてね、らむしゃん☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA