Skip to content →

地獄温泉 清風荘 その①

九州旅行1日目の宿がこちら地獄温泉 清風荘です。
今回の旅の宿はそれぞれ違うタイプの宿に泊まろうと思って予約したのですがこちらを選んだポイントは鄙びた雰囲気とやっぱり温泉かな。

地獄温泉は江戸時代から湯治場として愛されてきた歴史ある温泉で「すずめの湯」という混浴露天風呂で知られているようです。

山の緑に囲まれた敷地内には明治中期に建てられた渋い本館とまだ新しい別館、そして自炊湯治室とトレーラーハウスが点在していて散策も楽しめそうな広さでした。今回は残念ながら雨が降ってしまいそれどころではなかったんですが(^^;)

予約したのはトイレと洗面所付きの別館です。渋い本館も捨てがたかったのですが隣との境が襖と聞いて却下。木のぬくもりが感じられる別館はなかなか洒落た雰囲気でちょっと意外でした。

チェックインを済ませて仲居さんに案内されて2階の客室へ。
お花の名前がついた客室は和室に広めの踏込みと洗面所がある広縁がついてました。二人で利用するには充分な広さです。
窓の外は駐車場なので景色を楽しむというわけにはいきませんでしたが。
仲居さんから食事や風呂の説明を受けてさっそく晩ごはん前にひとっ風呂浴びようと一番近い本館にある「元湯」へ。

夕食前のせいか「元湯」激混み~(´□`;)洗い場が3つしかないので少し待ちましたよ、とほほ。
でもお湯は流石ですねぇ~硫黄の匂いと白濁したお湯が温泉気分を盛り上げます。
湯船では常連ぽいおばちゃんとしばし世間話。これも旅の醍醐味ですな。
写真は本館に二つある「家族湯」です。空いていればいつでも利用できます。

慌てて入ったのにしばらく体がポッカポカ。相方も泉質には大変満足してました。
部屋で準備してたら仲居さんからお電話が。「山椒の葉は大丈夫ですか?」との質問でした。こんなところに晩ごはんへの期待が高まるってもんです。そして「準備ができましたー」と連絡を受けて夕食場所の本館へ。
清風荘は湯治場の宿らしく夕食の選択肢がとても豊富です。HPを見ると6種類もコースがあります。なんとフレンチも!
わてら夫婦は1000円プラスして旬菜料理(懐石)コースをお願いしてました。

Published in 2005 九州縦断 国内

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA